トイレリフォームでコンセント増設の電気工事が必要!?どんな工事方法があるの?

古くなったトイレを新しくするなら、いろいろな機能が搭載されているウォシュレットにしたいケースは多いでしょう。ただし、ウォシュレットを使うにはトイレ内にコンセントが必要になります。築年数の経過した家などは、トイレにコンセントが設置されていない場合もあるのです。

ここでは、電気工事が必要なトイレリフォームについて紹介します。

まずはコンセントの増設から始めよう

コンセントの増設は電気工事の資格者が行うものです。ウォシュレットの取り付けやトイレリフォームを行う業者に、コンセントを増設する電気工事ができるかをまずは問い合わせましょう。トイレリフォームを依頼した業者に電気工事ができない場合は、商店街などにある電気店や電気工事をメインに行っている事業者などに依頼します。

コンセントを増設するには当然ながら新たな配線が必要です。配線にかかる費用は短ければ短い程安価になりますので、トイレの場所から一番近い場所にあるコンセントから配線を引くのがコストを抑える方法でしょう。しかし、トイレから近いコンセントの使用頻度が高い場合や新たに設置するウォシュレットに必要なワット数がコンセントのワット数を上回っているケースでは、ブレーカーが落ちる可能性が高いです。

トイレリフォームを行う業者以外の業者に電気工事を依頼する場合には、使いたいウォシュレットが必要とするワット数などを事前に伝えておきましょう。どうしてもコンセントから配線を引けない場合は、新規に分電盤から配線を引く工事が必要です。

見かけを重視かコスト重視かで配線の仕方は異なる

配線の引き方を決めたら次に、どのような配線を行うかを決めます。基本的に配線のスタイルには2種類あり、それぞれのメリットや特徴が異なります。まず、コストが少なく工事も簡単に終了するのがメリットの露出配線は、壁・床・天井にそのまま配線を這わすのが特徴です。

配線が住宅の中で丸見えになってしまうため、インテリアなどに影響する可能性があります。露出配線を選ぶ場合に多いのが、断熱材などが邪魔をして壁の内部に配線できないケースです。もうひとつが壁の内部に配線を行う隠ぺい配線で、インテリアに影響することなく、見た目が気にならないのが大きなメリットです。

しかし、壁に配線を通すための穴を開けるなどの工事を行うため時間とコストがかかります。加えて、工事で開けた穴の修繕をするため、壁紙張替えなどのリフォーム費用が新たに必要になるでしょう。隠ぺい配線を選択する場合には、配線を引ける場所の壁を選ばなければならないため、住宅の環境によっては工事ができないケースもあります。

できない時は露出配線を行いましょう。

ウォシュレット取り付けか丸ごとリフォームかを選択しよう

トイレにコンセントが増設できたら、ウォシュレットを設置します。トイレのリフォームには、便器本体を交換せずに便座を取り外してウォシュレットを取り付ける方法と、便器を丸ごと新しいものにして、ウォシュレット機能付きのトイレにする方法があるので、コストやトイレの状況を見て選ぶようにしましょう。

古い便器をそのまま使う方法だと、リフォーム費用は安く済みます。コンセント増設の電気工事でリフォーム費用が嵩んでいる場合には、ウォシュレットの取り付けだけにするのもひとつの手段です。

ウォシュレットは近年進化していて、便座の取り替えだけでも最新の機能が使えます。

便器からトイレをリフォームする場合には、併せてフロアや壁紙などのリフォームが必要になるケースが多いです。給排水管工事のほか、トイレの処分にかかる費用なども発生します。特に和式トイレからリフォームする場合は床をフラットにする工事を含むと大がかりになり、リフォーム費用は高額になりがちです。

ただし、丸ごとトイレ本体を交換するためリフォームの仕上がりは良く、機能だけでなくトイレ内の雰囲気も新しくなります。自分好みのデザインに変えられるなどのメリットも高いです。

トイレのコンセント増設は複数が便利!設置場所も使用感を考えて決めよう

ウォシュレットを使いたいためにトイレリフォームでコンセントの増設をするなら、コンセントの位置や数を考えると後で後悔せずに済みます。配線や柱などの状態も関係しますが、できるなら複数のコンセントを増設するといろいろ役に立ちます。

ウォシュレットに使うコンセントは便器本体の近くに設置するのが一般的です。

例えばトイレ本体から離れた場所にコンセントを設置するとコードを長くする必要があり、床の上などを這わせると見かけも悪く、足が引っかかる可能性もあり危険でしょう。しかし、別の用途で同じコンセントを使うなら使用感が悪い場合が多いです。

トイレでウォシュレット以外にコンセントを使用するケースは人それぞれですが、多いのが暖房器具や脱臭機と言われます。ウォシュレットには便座を温める機能が搭載されていますが、冬場などは高齢者のヒートショック予防などを理由に暖房を使用する家庭は少なくありません。

また、芳香剤を体質的に使用できないケースや、好みなどで空気清浄機や脱臭機をトイレに使いたい人もいます。ウォシュレット以外で使うコンセントを設置するなら便器の前部分に設置すると、水はねなどでヒーターや脱臭機を故障させる可能性も低くなりますし、スイッチの操作もしやすいです。

また、コンセントの位置でトイレ掃除の仕方も変わります。ウォシュレット用のコンセントを便器裏に設置すると、コードが隠せても埃が溜まりやすく掃除もし難い可能性が高いです。

トイレリフォームはお手入れ簡単アラウーノに決定

ウォシュレットの交換なら自分でもできる

コンセントの増設さえできれば、洋式トイレの場合簡単にウォシュレットを取り付けできます。

ウォシュレット付きの便座は搭載されている機能によって価格は異なりますが、比較的シンプルな種類であれば2万円前後から販売されている場合も多いです。

しかし、便器内を脱臭する機能やノズルや便器内を洗う機能、近年進化している節水機能などが搭載されている多機能なウォシュレットの場合だと10万円以上のものも売られています。なるべくトイレリフォームにコストをかけたくはないが、高価で機能性の良いウォシュレットが欲しいなどの場合は、業者に依頼せず自分で好みの製品を購入して取り付けると、コンセントの増設にかかる費用とウォシュレット付き便座の代金のみでトイレリフォームが完了します。

コンセントの増設だけは自分でできませんが、リフォーム代金を大幅に節約できるでしょう。