トイレリフォームはお手入れ簡単アラウーノに決定

古くなった水まわりをリフォームすると、快適になるばかりでなく家事も楽になるケースがほとんどです。

ですので、主婦目線から考えても、トイレリフォームは外せないポイントですね。最近では、掃除しやすいトイレや汚れにくいトイレなど、最新設備が次々と登場し、人気になっています。

トイレリフォーム前に是非チェックしておきたい、人気のパナソニック、アラウーノシリーズのトイレの特徴をまとめました。

トイレリフォームをしたいけど騒音が心配?騒音がする施工と近隣への対応を紹介!

パナソニックアラウーノの特徴は素材にある

気になるトイレ選びのポイントとしては、やはり、お手入れが楽なこと、節水機能、美しいデザインなどがあげられるでしょう。パナソニックのアラウーノシリーズは、それらに対応可能な最新の機能が充実しており、快適で使いやすく、とても人気があります。

パナソニックのトイレ、アラウーノシリーズは、素材に特徴があり、すべての機種が従来の陶器やプラスチックではなく、スゴピカ素材と呼ばれる、有機ガラス系の新素材を使っています。これは、航空機の窓や水族館の水槽などに使われている強くて軽い、特殊な素材で、細かい傷もつきにくいものです。

また、素材そのものが汚れをはじくため、便器内に水アカがつきにくいという大きなメリットがあります。さらに、精密で細かい加工ができるので、汚れが入りやすい段差やスキマをなくすことができます。「トイレは陶器製が当たり前」という概念をくつがえす新素材により、掃除の回数が少なくても、キレイを保てるというのは、とても嬉しいですよね。

タンクレスですっきりしたトイレになる

アラウーノシリーズは、タンクレスなので、トイレ全体がすっきり見えるのもポイントが高いです。タンク式のトイレをタンクレスのものに変えることで、本体の奥行きは10cmほど小さくなります。たった10cmの違いといっても、狭いトイレの空間ですと、実際には随分大きな違いを感じるものです。

プライベート空間であるトイレが広ければ、家族の誰もがリラックスして使うことができるでしょう。なお、アラウーノVは、タンクレストイレに手洗いをつけることもできます。また、特徴あるすっきりとしたフォルムにも人気があります。

特に、アラウーノL150シリーズはトイレカバーの色がホワイト、パールピンク、マットブラックの3種類から選べるので、トイレの壁紙などとコーディネートして楽しむのも良いでしょう。特に、マットブラックを選んだ場合には、スタイリッシュでおしゃれな、こだわりのトイレ空間を演出することもできますよ。

トイレがおしゃれだと、ゲストをお迎えする時にも喜ばれますね。

トリプル汚れガードで汚れをシャットアウト

アラウーノシリーズの最大の特徴は、泡で汚れをおさえる工夫があることです。ハネガードという、パナソニック独自の泡のクッションにより、トイレの水面に当たって跳ね返る汚れを防ぎます。また、便器のフチに3ミリくらいのタレガードという立ち上がりを作ることで、尿が便器外へたれ出るのをおさえます。

さらに、便座と便器の間のスキマを極力少なくして、汚れが漏れ出るのをガードできる工夫もされています。これらの3種類のトリプル汚れガードが尿の飛び散りをおさえ、汚れないトイレの実現に役立ちます。特に、ハネガードは、男性の使用時の飛び散り汚れに効果的で、水面全体に泡があることで周辺の床や壁の尿汚れを防止できます。

また、泡が水を受け止めるため、水面に落ちる水音もあまり気になりません。しっかりとクッションの役目もし、また、消音効果もある、実に優れものの機能といえますね。さらに、アラウーノs150とアラウーノs2の2種に関しては、流すたびに泡で便器内の洗浄をする、激落ちバブル機能が装備されています。大きな泡と小さな泡の2種類で汚れをしっかりと落とすため、便器の内部をゴシゴシとブラシで洗う必要が、ほとんどありません。洗剤タンクに

キッチン用洗剤を入れて、その泡を利用した自動のトイレ掃除ができます。洗剤の補充は、3ヶ月に1度が目安になっています。お掃除の時間が短縮でき、とても楽なので助かります。専用洗剤のほか、市販のキッチン用の中性洗剤が使える上、使う量も少ないので、洗剤の節約にもなり嬉しいですね。

何よりも、億劫な便器内側の掃除の頻度が少なくで済むのというのは、大きなメリットといえるでしょう。

ターントラップ方式でしっかり節水

アラウーノシリーズの排水路は、通常の場合は上向きに水を溜めています。しかし、便器の洗浄時にはそれが下向きに回転、無駄なく水を使って、一気に汚物を流します。そのため、他社のトイレに比べ、アラウーノの節水機能は評価が高いです。

従来型のものと比べると約60%ほどの節水効果があり、年間の水道代は1万円以上の節約になるので、家計も助かりますね。

また、清潔さを考慮したツインノズルの評価も高く、快適で、使う人にとってやさしいトイレであるといえるでしょう。

手洗い付きや肘掛け設置も選べる

基本的なスタイルだけでなく、アラウーノVでは、タンクレスにもかかわらず、手洗い付きのタイプを選ぶことができます。その場合は、手洗いボウルも有機ガラス系の素材なので、傷や汚れがつきにくくなっています。お揃いの素材を使うことで、トイレ内に統一感が生まれ、すっきりとした印象をつくることができます。

また、通常はトイレを流す時にしか水を流せないのですが、手洗い付きのタイプでしたら、ボタンを押して使いたい時に自由に流すことが可能です。また、L150シリーズは、バリアフリー対応として、立ち座りをサポートできるアームレストをオプションとして設置することができるので、お年寄りのいる家庭には安心ですね。

納得できるトイレリフォームをしよう

トイレは、一度リフォームで設置するとそうそう交換するものではありません。ですから、交換の際には、機能やフォルムなどをよく比較検討して決めると良いでしょう。もし、お掃除のしやすさを第一に考えるなら、パナソニックのアラウーノシリーズがおすすめだといえます。

実物を見て決めたいという方は、一度、パナソニックのショールームに行足を運んでチェックしてみると良いでしょう。ショールームでは、実際に見たり触れたりして体験することができます。モデル空間に展示してあるトイレに腰をおろして、座り心地を確かめることも可能です。

アラウーノの素材や、掃除が楽な設計なども確認できるので、トイレ選びの参考になりますね。専任のアドバイザーもいるので、疑問点などを質問することもできます。